スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月26日-28日:志津川仕分け支援→さかなのみうら

先日ふんばろう東日本のボランティアチームで内で南三陸の中学校での物資仕分け募集をしました。
中学校での仕分け作業自体は道具が届かないなどで行えなかったのですが、仲介してくださった方やボランティアセンターのご紹介で、ふんばろう東日本ボランティアメンバーの横倉さんが南三陸での活動をしてくださいました。

以下は横倉さんからのレポートです。被災地からのとても貴重な情報です。ふんばろう東日本としても対応を考えたい内容です。
なお、より詳細な情報はこちらのブログをご覧ください。

〈横倉さんからのコメント〉

三日間南三陸に居たのですが、一日ベイサイドアリーナで写真を洗うボランティアをして、残りは三浦さんについて行動していました。

三浦さんは物資について、ことあるごとに生活用品が足りないと言っていました。水や古着は捌ききれないほどあるのに、洗剤や調味料などはごく僅かしかありません。現地のニーズと送られてくる物資が噛み合わなくなってきているようでした。修正点は後日連絡し、ふんばろう東日本のHP情報を修正すると言ってました。

物資は個人宅を回るのでなく、避難所や集落の中心的なとこに行き、お店のように物資を広げ皆さんに配っていました。南三陸の中でも行く場所によって被災者が求めるものは様々です。子供が多い地域や未だに物資が少なくとりあえずはなんでも欲しいと言った所もあるそうです。

被災者の状況は三浦さんなど日々現地を回ってる人たちが一番よく知っています。なのでこれからは物資を送るだけじゃなく、お金を直接送るようなことも視野に入れるべきだ、と言った話もしました。送金されたお金をもとに現地(登米や迫等近郊の町)で物資を調達し届ける方がスマートなのではないかと。またガソリン代など燃料費も必要だとの事でした。ふんばろう東日本の仙台支部が発足するかもと言った話もあるので、そちらに送金すると言う可能性もあるかと。

なんにせよ今後よりスマートにダイレクトに支援できるシステムに更新していくことが必要と感じました。

南三陸の人たちとの繋がりができたので、今後も定期的に南三陸に行こうと考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

被災地情報募集中です
fumbareport(@)gmail.com
このメールアドレスまで、被災地に関する情報なら何でもお寄せください。特に写真付きレポート大歓迎です。
物資支援リクエストはふんばろう東日本支援プロジェクトからお願いします。
カテゴリ
西條剛央twitter
プロフィール

北川貴英

Author:北川貴英
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」に寄せられた被災地の最新情報を随時アップしています。東日本大震災の被災地を支援するなかで得られた生の情報こそが、被災地の「リアル」を伝える最高のツールである、というコンセプトです。現地入りしたボランティアの方、被災地で継続的に活動されているかた、皆様からの情報をお待ちしています。

最新記事
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。